かきはいつ頃から食べられていたのか、かきの歴史をご紹介します。

 古代人も食べていたかき
 広島湾沿岸の縄文時代の貝塚からもマガキやイタボカキなどの貝殻が出土したことからも分かるように、かきは古代の人々にとっても重要な食料でした。プランクトンの多い広島湾はかきの育成に適しているので、天然かきは湾内のどこでも採れたのでしょう。

 養殖の始まり
 かきの養殖の始まりは、「天文年間、安芸国において養殖の法を発明せり(草津案内より)」という文献によると天文年間(1532〜1555)だと思われます。当時の養殖の方法は最初は石蒔養殖法(いしまき--干潟に小石を並べてかきを付着させ育成を待って収穫)や八重ヒビといった方法が行われていました。やがて、時代とともに技術が進歩していき、よりたくさんのかきを採ることができるヒビ建法(小石の代わりに木竹にかきを付着させて収穫)が確立されていきます。

 日本各地にかきが流通
 養殖技術の発達でたくさんのかきが収穫できるようになると、地元広島から山陽道などを通って他国へ販売されるようになっていきます。また、延宝時代(1670年代)には「かき船」による輸送が始まりました。
 本来は輸送用である船を、販売にも使うという珍しい形のかき船は八百八橋といわれるほど水路の発達した大阪に進出。大阪の人々に広島のかきを提供していました。このように。昔から珍重されていた広島のかきは、今も全国で消費され、現在では日本の総生産量の7割を占めるほどになっています。

(「広島かき」広島かき出荷振興協議会刊より)