かきはどうやって大きくなるのか、養殖の過程を簡単に紹介します。

 産卵・採苗
 マガキの産卵・放精は8月頃。卵と精子は海中で受精して、かきの赤ちゃんが誕生します。生まれたばかりのかきの赤ちゃんは約17日間ぐらいは海中で泳いで過ごすのです。  赤ちゃんかきの身体を包む貝殻は、受精後約1日で形成されます。この時の貝殻はDの形をしているので、D型幼生と呼ばれます。その後、アンボ期幼生と呼ばれる形になります。この頃の大きさは、たった300ミクロン(0.3mm)ていど。この小さな身体で、泳ぎ回りながら付着する場所を探すのです。そして、比較的浅い海に置かれた採苗棚にかけた付着器や、採苗器といわれるホタテ貝の貝殻に付着するのです。

 成  長
 採苗した年の冬、しっかり育ったかきたちがびっしり付着した垂下連がいよいよ筏に吊されます。そのまま年を越して、徐々に大きくなっていくかきたち。翌年の秋、水温が下がってくると本格的な身入りの季節。丸々と太ったかきになっていくのです。

 取り揚げ

 本格的な冬に入る頃、かきの取揚げ時期がやってきます。長さ9mもある垂下連はウィンチで巻き上げられ、一番下の針金を切った瞬間、付着器はかき船に落ちていきます。

 かきがいっぱいになると、かき打ち場に。「打ち子さん」と呼ばれる熟練した女性達の手で、殻がはずされて次々とむき身になっていくのです。